Easing functionはアニメーションの進み具合を指定し、それをよりリアルに見せることが出来ます。

現実の物体は急に動き出して一定のスピードで動くことなんて有り得ません。 例えば、引き出しを開けるときは、最初は少し加速をつけて、そしてゆっくりにしていきます。 何かが落ちるときを考えてみると、最初はだんだん速くなって落ちていき、地面にあたったときに跳ね返ってきます。

ここでは、そのEasingを選ぶ際の早見表として役立ってくれればいいなぁと考えています。

linear

xt

css+js

  • easeInSine

  • easeOutSine

  • easeInOutSine

  • easeInQuad

  • easeOutQuad

  • easeInOutQuad

  • easeInCubic

  • easeOutCubic

  • easeInOutCubic

  • easeInQuart

  • easeOutQuart

  • easeInOutQuart

  • easeInQuint

  • easeOutQuint

  • easeInOutQuint

  • easeInExpo

  • easeOutExpo

  • easeInOutExpo

  • easeInCirc

  • easeOutCirc

  • easeInOutCirc

  • easeInBack

  • easeOutBack

  • easeInOutBack

js

  • easeInElastic

  • easeOutElastic

  • easeInOutElastic

  • easeInBounce

  • easeOutBounce

  • easeInOutBounce

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。 残念ながら、CSSはまだ全てのeasingをサポートしている訳ではなく、関数も名前ではなくベジェ曲線で指定しなくてはいけません。

Easingを選択することで、ベジェ曲線を表示できます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms easingのベジェ曲線;
  transition:         all 600ms easingのベジェ曲線; }

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easing名)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easing名', function () { … })
全てのeasing

easeInSine

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.47, 0, 0.745, 0.715);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.47, 0, 0.745, 0.715); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInSine)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInSine', function () { … })
全てのeasing

easeOutSine

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.39, 0.575, 0.565, 1);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.39, 0.575, 0.565, 1); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeOutSine)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeOutSine', function () { … })
全てのeasing

easeInOutSine

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.445, 0.05, 0.55, 0.95);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.445, 0.05, 0.55, 0.95); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInOutSine)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInOutSine', function () { … })
全てのeasing

easeInQuad

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.55, 0.085, 0.68, 0.53);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.55, 0.085, 0.68, 0.53); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInQuad)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInQuad', function () { … })
全てのeasing

easeOutQuad

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.25, 0.46, 0.45, 0.94);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.25, 0.46, 0.45, 0.94); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeOutQuad)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeOutQuad', function () { … })
全てのeasing

easeInOutQuad

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.455, 0.03, 0.515, 0.955);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.455, 0.03, 0.515, 0.955); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInOutQuad)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInOutQuad', function () { … })
全てのeasing

easeInCubic

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.55, 0.055, 0.675, 0.19);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.55, 0.055, 0.675, 0.19); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInCubic)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInCubic', function () { … })
全てのeasing

easeOutCubic

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.215, 0.61, 0.355, 1);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.215, 0.61, 0.355, 1); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeOutCubic)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeOutCubic', function () { … })
全てのeasing

easeInOutCubic

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.645, 0.045, 0.355, 1);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.645, 0.045, 0.355, 1); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInOutCubic)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInOutCubic', function () { … })
全てのeasing

easeInQuart

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.895, 0.03, 0.685, 0.22);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.895, 0.03, 0.685, 0.22); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInQuart)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInQuart', function () { … })
全てのeasing

easeOutQuart

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.165, 0.84, 0.44, 1);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.165, 0.84, 0.44, 1); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeOutQuart)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeOutQuart', function () { … })
全てのeasing

easeInOutQuart

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.77, 0, 0.175, 1);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.77, 0, 0.175, 1); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInOutQuart)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInOutQuart', function () { … })
全てのeasing

easeInQuint

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.755, 0.05, 0.855, 0.06);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.755, 0.05, 0.855, 0.06); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInQuint)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInQuint', function () { … })
全てのeasing

easeOutQuint

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.23, 1, 0.32, 1);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.23, 1, 0.32, 1); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeOutQuint)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeOutQuint', function () { … })
全てのeasing

easeInOutQuint

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.86, 0, 0.07, 1);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.86, 0, 0.07, 1); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInOutQuint)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInOutQuint', function () { … })
全てのeasing

easeInExpo

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.95, 0.05, 0.795, 0.035);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.95, 0.05, 0.795, 0.035); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInExpo)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInExpo', function () { … })
全てのeasing

easeOutExpo

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.19, 1, 0.22, 1);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.19, 1, 0.22, 1); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeOutExpo)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeOutExpo', function () { … })
全てのeasing

easeInOutExpo

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(1, 0, 0, 1);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(1, 0, 0, 1); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInOutExpo)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInOutExpo', function () { … })
全てのeasing

easeInCirc

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.6, 0.04, 0.98, 0.335);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.6, 0.04, 0.98, 0.335); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInCirc)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInCirc', function () { … })
全てのeasing

easeOutCirc

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.075, 0.82, 0.165, 1);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.075, 0.82, 0.165, 1); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeOutCirc)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeOutCirc', function () { … })
全てのeasing

easeInOutCirc

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.785, 0.135, 0.15, 0.86);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.785, 0.135, 0.15, 0.86); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInOutCirc)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInOutCirc', function () { … })
全てのeasing

easeInBack

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.6, -0.28, 0.735, 0.045);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.6, -0.28, 0.735, 0.045); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInBack)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInBack', function () { … })
全てのeasing

easeOutBack

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.175, 0.885, 0.32, 1.275);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.175, 0.885, 0.32, 1.275); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeOutBack)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeOutBack', function () { … })
全てのeasing

easeInOutBack

xt

CSS

CSSのtransitionanimationでは、easing functionを指定することが出来ます。

div {
  -webkit-transition: all 600ms cubic-bezier(0.68, -0.55, 0.265, 1.55);
  transition:         all 600ms cubic-bezier(0.68, -0.55, 0.265, 1.55); }

cubic-bezier.com で 編集する

SCSS

Sass/SCSSもアニメーションの指定に一役買ってくれます。Compassを使えば、transitionanimationの前のベンダープレフィックスを付ける必要も無いですし、Compass Ceaserプラグインを使えば、ベジェ曲線を使わずに、名前で指定することも可能になります。

div {
  @include transition(all 600ms ceaser($easeInOutBack)); }

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInOutBack', function () { … })
全てのeasing

easeInElastic

xt

CSS

残念ながら、CSSはこのeasingをサポートしていません。 但し、JavaScript、もしくは特別なAnimation @keyframesで対応することは可能です。

SCSS

残念ながら、CSSはこのeasingをサポートしていません。 但し、JavaScript、もしくは特別なAnimation @keyframesで対応することは可能です。

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInElastic', function () { … })
全てのeasing

easeOutElastic

xt

CSS

残念ながら、CSSはこのeasingをサポートしていません。 但し、JavaScript、もしくは特別なAnimation @keyframesで対応することは可能です。

SCSS

残念ながら、CSSはこのeasingをサポートしていません。 但し、JavaScript、もしくは特別なAnimation @keyframesで対応することは可能です。

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeOutElastic', function () { … })
全てのeasing

easeInOutElastic

xt

CSS

残念ながら、CSSはこのeasingをサポートしていません。 但し、JavaScript、もしくは特別なAnimation @keyframesで対応することは可能です。

SCSS

残念ながら、CSSはこのeasingをサポートしていません。 但し、JavaScript、もしくは特別なAnimation @keyframesで対応することは可能です。

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInOutElastic', function () { … })
全てのeasing

easeInBounce

xt

CSS

残念ながら、CSSはこのeasingをサポートしていません。 但し、JavaScript、もしくは特別なAnimation @keyframesで対応することは可能です。

SCSS

残念ながら、CSSはこのeasingをサポートしていません。 但し、JavaScript、もしくは特別なAnimation @keyframesで対応することは可能です。

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInBounce', function () { … })
全てのeasing

easeOutBounce

xt

CSS

残念ながら、CSSはこのeasingをサポートしていません。 但し、JavaScript、もしくは特別なAnimation @keyframesで対応することは可能です。

SCSS

残念ながら、CSSはこのeasingをサポートしていません。 但し、JavaScript、もしくは特別なAnimation @keyframesで対応することは可能です。

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeOutBounce', function () { … })
全てのeasing

easeInOutBounce

xt

CSS

残念ながら、CSSはこのeasingをサポートしていません。 但し、JavaScript、もしくは特別なAnimation @keyframesで対応することは可能です。

SCSS

残念ながら、CSSはこのeasingをサポートしていません。 但し、JavaScript、もしくは特別なAnimation @keyframesで対応することは可能です。

JavaScript

jQueryとjQuery Easing Pluginの組み合わせが、一番簡単にEasingを持ったアニメーションを指定することができる方法です。 .animateメソッドの第三引数、もしくはeasingキーにeasingの名前を指定するだけです。

div.animate({ top: '-=100px' }, 600, 'easeInOutBounce', function () { … })
html
  meta charset="UTF-8"
  title= title
  script
オープンソース
このサイトの翻訳を手伝ってください